セカンドオピニオンについて

医師募集

看護師募集

出張講演

当院におけるセカンドオピニオンについて

セカンドオピニオンとは、患者さんが自分の病状や治療方針について納得、安心して治療法を選択することができるように、他の医師の意見を求めることをいいます。患者さんが当院以外の医師の意見を求められる際には、当院での診療データを提供いたします。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、患者さんの症状や治療法に関し、患者さん自身またはご家族が「主治医以外の医師から第二の意見を聞き、参考にすること」を言います。

どんな場合に効果があるか?

  • 主治医に診断や治療方針の説明を受けたが、どうすればよいか悩んでいるとき
  • いくつかの治療方針を提示され、選択について迷っているとき
  • 他の治療方法がないか確かめたいとき

⇒このような場合に、ご自身で納得して治療を選択し受けるために、他の医師の意見も聞いてみるという方法です。

セカンドオピニオンを受ける前に必要なことは?

  • 疑問点はまず主治医に確認しましょう。
  • 受け入れ先に確認しましょう。すべての病院でセカンドオピニオンを実施している訳ではありません。受診前に病院に電話して、受け入れ体制、予約の有無、持参する資料などを確認しましょう。(相談いただければ当院にて確認、手続きを行います。)
  • 診療情報提供書(紹介状)をもらいましょう。主治医に紹介状を書いてもらい、病理検査、画像診断、内視鏡検査、血液検査などの検査結果をもらいましょう。
  • 聞きたいことをまとめておきましょう。これまでの経過や質問事項、それに対する主治医の意見をまとめてメモしておきましょう。
    ※必要な手続きの手配は当院の患者支援センターにてお受けします。

セカンドオピニオンを受ける効果とは?

  • 現在の担当医の診断や方針に対する確認ができます。
  • 診断や治療の妥当性(適切性)を再確認することで、納得して治療を受けることができます。
  • 担当医の提示する治療法以外の治療法を得ることもあります。

窓口

窓口
 患者支援相談窓口・各診療担当医・担当看護師

申込・問合せ
 患者支援センター
 受付時間 平日 午前9時〜午後5時

 希望される方は遠慮なくお申し出ください。
 患者さんの不利益になることは一切ありません。