糖尿病教室「たっしゃ会」

医師募集

看護師募集

出張講演

訪問看護のご案内

自治医科大学地域医療後期研修プログラム 地域研修医療機関認定病院

当院では、糖尿病教室を開催しています。この会では、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士などの専門スタッフが病状の説明や食事療法、運動療法等の指導を行います。1回の時間は約2時間くらいです。日頃、疑問に思っていることを質問したり、お友達をつくってお互いの話を聞いたりすることで、不安や悩みを解消し、はげましあう会にしたいと思っています。

糖尿病の患者さん、その家族の方、糖尿病に関心のある方など、自由に参加できます。
ぜひ、お気軽にご参加ください。

次回の予定

次回詳細が決定次第、ホームページ等でお知らせいたします。

参加費用

外来や入院して糖尿病の治療をされている患者さんには、実施する内容によって集団栄養食事指導料を算定させていただきます。

申し込み方法

内科外来に申し出てください。

前回の開催内容

糖尿病教室 「たっしゃ会」クリスマス会
日時:平成30年12月11日 14:00〜16:00
場所:園芸療法室

 
前日は雪が降り積もる悪天候でしたが、当日はお日様も時々顔を出してくれる天候に恵まれ、患者様24名とたくさんの方に参加していただき、クリスマス会を開催することができました。
 
スタートは昨年に引き続き、小坂医師によるクラッシックギターの演奏にしっとりと耳を傾けました。毎年、解説付きで演奏してくださる先生に感謝です。
クラッシックギターの音色の次は、スタッフ7名によるハンドベル演奏。お手製の蝶ネクタイをつけ、白手袋で雰囲気も演出してみました。クリスマスソングを4曲演奏しました。11月中旬から就業後、スタッフで集まり練習を重ねました。全員そろっての練習がなかなかできないなか、それなりの仕上がりで、たくさんの拍手をいただくことができました。来年はさらなる成長を見せられるように頑張りますので、楽しみにしていてください。
 
今年はスタッフ6名ずつ2班に分かれ、ダンスを披露しました。
患者様にはケーキやコーヒー、みかんを味わっていただきながら、スタッフの真剣なダンスで笑いを提供させていただきました。1曲目は「河内おとこ節」。揃いの法被姿にねじり鉢巻き、キラキラの付いた棒を両手に勇ましく踊りました(写真がないのが残念…)。2曲目は「東京ブギウギ」サンタの衣装で軽快(?)なダンスを披露しました。
たくさん笑った後は、ビンゴ大会!ささやかな景品を用意し、ビンゴがそろった方からお好きな袋を選んでいただきました。
 
たっしゃ会と言えば、最後は体操のお兄さん。おいしいケーキやみかんを食べた後は、みんなで体を動かしました。椅子に座ったままの体操でも、からだがポカポカ温まる、良い運動になりました。雪で外に出られないこれからの季節、家でもこの体操を継続してやれたらいいですね。
 
クリスマス会は毎年アットホームなお楽しみ会です。今年もたくさんの患者様の笑顔に出会えて、楽しい会を開催できました。ありがとうございます。
 
次回の開催は4月のお花見です。
寒い冬を乗り切り、また春に笑顔で皆様に会えることをスタッフ一同お待ちしています。

   
   
   
   

過去のたっしゃ会の様子をご覧頂けます